私たちの宝 人財育成

私たちの宝

人財育成について

内定時(新卒者)のインターシップに始まり、採用直後のオリエンテーション、その後OJT(職務を通じての研修)並びにOff-JT(施設内外研修)を通して、社会人・組織人・そして法人職員としての自覚と、法人理念・方針並びに事業所の役割、目標を学び、その後各事業所におけるOJTを通して担当業務を習得していただきます。なお、当法人におきましては配属事業所(各職種等)に年間において先輩チューター制を設け、各々実践を通して基本知識・日常業務を学び、その中で組織人として良識をも養い、先輩職員と共に成長と自立をめざします。

業務心得

良識を養い、実践を学び、責任を重んじる。

職場研修の理念

1.職場研修を推進することにより 、日常業務と研修との関連が密接なものとなり、職員は、仕事へやりがいを感じると同時に、専門的能力の向上や組織人しての成長の機会を継続的に得られることになります。

2.さらに職員の”専門性の向上はサービス向上”に繋がり、組織人としての成長は組織全体の力を高めます。職員(皆さん)が意欲的に仕事に取り組む事により職場は活性化し、常に前進することができます。すなわち、職場研修は、職員の成長、キャリア育成と組織の発展の双方をめざすものです。

職場研修の方針

1.福祉人としての職業倫理を確立する。
2.社会人・組織人・職業人としての意識を身につける。
3.社会福祉運営に関する基礎組織を学ぶ。
4.組織の仕組みやルール規範の自己理解を深める。
5.業務標準を自律的に遂行できる。
6.職場におけるコミュニケーションの意識(コミュニケーション能力の向上と協調性)を学ぶ。
7.報連相を的確・かつ迅速に遂行でき確立する。
8.業務心得の自己覚知、及び推進・育成・継承を学ぶ。
9.心身の健康に対する自己管理の心情を身につける。
10.共に育ち共に支え合うという”共助の精神”を涵養する。

  • 春と秋期研修
    春期・秋期研修
  • グループワーク発表
    グループワーク発表
  • 新入職員等研修
    新入職員等研修
研修システム

正職員・契約職員共に受講。また非常勤職員にもフォロー研修を実施しています。

主な研修年間計画

※チューター制・・・先輩職員が期間中マンツーマンで新人職員の教育係となり、指導・相談を行います。

その他の研修制度

接遇・応対から始まり、介護・救急 等の講習を実施
・介護講習
車椅子操作法について、食事などの身体介護別による介助法、障がい別による介助法(誘導法など他)
利用者様送迎時に使用する車両(車椅子固定装置説明・利用者移乗方法など)について講習

※OJT・・・職務を通じての研修 ※Off-JT・・・職務を離れての研修 ※SDS・・・自己啓発援助

○階層別職員研修

内外部主催の階層別&個別レベルに合わせた研修を受講しています。

○人事考課(目標管理)

人材の育成を目的とし、年間目標管理シートに於ける自己の課題抽出を行い職員個々の能力開発・キャリアアップに繋げています。

職場研修の推進は・・・

教育研修委員会による人材育成の理念と方針に基づく年間スケジュール(研修課題施策の考察)を作成し、『職場研修体系』に基づきOJTの実施・Off-JTの実施・SDSの実施を行っています。

職員研修体系図

職員研修体系図

応募に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 担当:前田

099-210-1856

ホームページからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

PASO